ブラジルGDP、またもマイナス成長 失業者も増加

ブラジルの今年1~3月のGDPもマイナス成長に

ブラジルの今年1~3月のGDPもマイナス成長に

ニューヨーク(CNNMoney) リオデジャネイロ五輪の開幕を65日後に控えるブラジル政府は1日、同国の国内総生産(GDP)の伸び率は今年1~3月の第1四半期にマイナス5.4%を記録したと報告した。

ただ、市場が予想していた数値ほどは悪化しておらず、ルセフ大統領が弾劾(だんがい)の是非に関する議会での投票前に世論の支持高揚を狙って打ち出した政府支出の拡大の効果が一応あったと受け止められている。

ブラジルの中央銀行は、今年通年の成長率はマイナス3.5%と予測。昨年はマイナス3.8%だった。同国は南米最大の経済大国。

ブラジルの景気後退は1930年代以降では最も長く続いている。インフレ率は高騰し、消費者の購買意欲も萎えている。政府は先月31日、今年2~4月の失業率は11.2%にさらに上昇したと報告した。失業者数は前年同期と比べ、約20%増の1140万人に膨らんだ。

ブラジルの経済低迷は昨年初めから表面化し出した。経済成長のけん引役とされる1次産品の価格の大きな下落が引き金となった。価格は依然、低水準にあり、頼みとしていた主要な貿易相手である中国も景気減速に悩み、ブラジルとの貿易が落ち込んでいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]