速度違反の罰金212ドル、全て1セントで払う「抵抗」 米

罰金212ドルを全て1セント硬貨で

罰金212ドルを全て1セント硬貨で

(CNN) 米テキサス州フリスコで速度違反に問われて212ドル(約2万3000円)の罰金を科され、その理不尽さに怒った男性の運転手が罰金を全て最少額硬貨の1セントで支払う意趣返しをこのほど行った。

持ち込んだ1セント硬貨はバケツ2杯分。規定速度を時速9マイル(約14キロ)超えたとして陪審から罰金命令を受けた男性は、出来るだけ面倒をかけるような方法で支払いたかったと述べている。1ドル(約109円)は100セントに相当する。

男性はCNNの取材に、違反行為をとがめられた際、自宅近くの路上にいたと説明。「他人をけがさせたり、危険な目に遭わせたりしなかった。不公平な判断」との不満を示した。

1セント硬貨は銀行でくずしたもので、バケツに「ゆすりの支払い」との文字を入れて、フリスコ市の地方裁判所に持ち込み、支払いカウンターの上にまきちらしていた。また、この模様をビデオ映像に収め、ユーチューブに投稿していた。

同市当局者は男性の行動についてコメントを出していない。ただ、報道担当者は持ち込まれた1セントは硬貨用の計数機を使って数えたと説明。この作業に約3時間かかったとしている。

速度違反による罰金額は79.90ドルだったが、これに裁判費用として132.10ドルが追加されていた。

同市の報道担当者によると、男性が持ち込んだ1セント硬貨の総数には7.81ドル分の支払い超過分があったが、市がそのまま受け取ることも可能ともしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]