「ジカ予防コンドーム」配布へ、豪州の五輪選手団

オーストラリアの五輪選手団に「ジカ予防コンドーム」が配布される

オーストラリアの五輪選手団に「ジカ予防コンドーム」が配布される

(CNN) オーストラリアの製薬会社は17日までに、今夏のリオデジャネイロ五輪に出場する同国の選手団に、中南米で流行しているジカウイルス感染症(ジカ熱)を予防するためのコンドームを配布すると発表した。

五輪は8月5~21日にブラジル南東部のリオデジャネイロで開催されが、同国は最近のジカ熱流行の震源地になっているため、感染拡大が懸念されている。ジカ熱は胎児の小頭症や神経障害との関連が指摘されるウイルス感染症。ウイルスは主に蚊が媒介するが、性交渉でうつる場合もある。

オーストラリアの製薬会社「スターファーマ・ホールディングス」とマーケティング会社「アンセル・リミテッド」はこのほど、五輪選手団にスターファーマの潤滑ジェル「ビバジェル」を塗ったアンセルのコンドームを配布すると発表した。

スターファーマによると、ビバジェルには細菌性膣(ちつ)炎や性感染症を防ぐ効果がある。同社は今月初め、ビバジェルの基礎実験でジカウイルスにも有効との結果が出たと発表していた。実験では、コンドームに塗布するよりもずっと低い濃度で「ほぼ完全な抗ウイルス作用」がみられたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]