サッカー元ブラジル代表、リオに来ないでと異例の警告 

かつてのスター選手が、治安の悪さを理由に五輪でのリオ訪問を控えるよう呼びかけた

かつてのスター選手が、治安の悪さを理由に五輪でのリオ訪問を控えるよう呼びかけた

(CNN) サッカーのブラジル元代表FWのリバウドさんは12日までに、同国のリオデジャネイロ市で犯罪や暴力がはびこっているとして外国人らに対し今年8月に同市で開幕する五輪のため来訪しないよう促した。

ソーシャルメディア上で訴えたもので「ブラジルはますます醜悪になっている」と言い切り、リオデジャネイロで先週末に発生した17歳少女の殺人事件にも言及した。

同国国民をかつて魅了した元人気選手の思わぬ言動に、ブラジルの政界指導者や五輪関係者らが困惑するのは必至ともなっている。同市の観光行政責任者は「外国人は市が直面する問題を既に承知している」とし、「リオの美しさと住民の温かさに驚くだろう」と期待した。

五輪を控えるブラジルは難問山積に遭遇している。ジカウイルス感染症(ジカ熱)への懸念や長引く景気後退の他、ルセフ大統領は国家予算の不正操作をめぐって弾劾(だんがい)手続きの進行に直面し、ルラ前大統領は収賄容疑に襲われ事情聴取も受けた。

また、五輪絡みでは全ての会場や施設が計画通り完工するのかへの不安も消えていない。一部競技が行われる海域では水質汚染問題が浮上し、関係選手の衛生面での懸念をかき立てている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]