性犯罪に問われたウーバー運転手、全米で100人超 CNN調査

飲酒後も「安全に帰宅」できるとするうたい文句とは裏腹の実態が明らかに

飲酒後も「安全に帰宅」できるとするうたい文句とは裏腹の実態が明らかに

ウーバーはCNNがこの問題について取材していることを数カ月前から知っていたが、取材には応じていなかった。今月予定していた幹部へのインタビューもキャンセルされた。

しかし最近になって運転手の就業規則を改訂し、性的接触の禁止を明記したという。公式サイトには先週、性暴力防止に向けた運転手と乗客向けのビデオを掲載。さらに今後、全米50カ所でこの問題についての意見交換会を開くとの方針を示した。

昨年8月に就任したコスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は先週、CNNによる別件の電話取材の中で、性暴力の取り締まりは「我々の新たな優先課題だ」と述べた。

ウーバーの広報担当者はCNNにあてた文書で、今後は運転手の身元調査を毎年更新し、ウーバーのアプリ内に「安全センター」という機能を追加するなどの対策を示した。乗客はこの機能を使って、利用行程の詳細を指定連絡先へ知らせることができる。緊急時に警察に通報するボタンも設けるという。同担当者は「これは第一歩にすぎない」とも強調している。

CNNはウーバーの競合相手、米リフトについても同様の方法で調査を実施した。リフトでは過去4年間に18件の性暴力があり、運転手4人が有罪を言い渡されていたことが分かった。

CNNはさらに全米20カ所の警察署に取材し、ウーバーやリフトの運転手による性暴力の届出件数を調べた。その結果、ここ2~3年で20件以上の被害届があったにもかかわらず、逮捕に至ったのは1~2件といった実態が明らかになった。運転手103人という調査結果は、氷山の一角にすぎないとみられる。

ウーバーのサービス利用規約には、苦情があった場合は個別に調停で解決するとの条項がある。被害者らはこれが告訴などの妨げになるとして、条項の削除を求めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]