「ウーバー」運転手、青信号を236回連続通過 NY市内で

2016.12.29 Thu posted at 14:07 JST

[PR]

(CNN) 都市部で車を運転する時は、2回続けて青信号で交差点を通過できれば運がいいと思うかもしれない。しかし米ニューヨーク市中心部を走行しながら236回続けて青信号を通過したという男性が現れた。

この男性は配車サービス「ウーバー」の運転手、ノア・フォーマンさん。今月3日、午前3時にマンハッタン北部のハーレムを出発し、ロックフェラーセンターやセントパトリック大聖堂前を通過して、一度も赤信号で停止することなく約30分で南部ソーホー地区の近くまで到達した。この様子を携帯電話のカメラで撮影している。

連続青信号の記録挑戦を思い立ったのは、55回達成したというドライバーのビデオを2014年に見たことがきっかけだったという。「これなら完全に勝てると思った」「何年か運転していればパターンに気付く」。フォーマンさんはCNNの取材にそう語っている。

2005年からタクシーの運転手をしていたフォーマンさんは、100カ所以上の信号を突破するビデオを2014年にユーチューブに投稿。ウーバーなどシェアサービスの運転手になってからも、非番の時を利用して記録に挑み続けた。

「確実に一定のペースを保ち、停止しなくて済むようタイミングを計るだけ」「うまくタイミングを合わせれば、信号は次から次へと切り替わる」とフォーマンさんは言う。

次の目標は青信号の連続500回を達成することだが、急ぐつもりはないという。法規を守ることの重要性も強調し、スピードを上げても交通の流れを乱すだけだとくぎを刺した。

ニューヨーク市交通局は、フォーマンさんの記録について肯定も否定もしていない。

メールマガジン

[PR]