ハワイ島でM6.9の地震、キラウエア火山噴火の翌日

キラウエアの火山活動が活発化

(CNN) 米地質調査所(USGS)によれば、米ハワイ州ハワイ島で4日、マグニチュード(M)6.9の地震が発生した。ハワイ島では前日、キラウエア火山が噴火していた。

震源はレイラニ・エステーツの南西16キロ。USGSの地震学者によれば、ハワイ島では過去24時間に119回の地震が発生している。

今回のM6.9の地震は1975年に起きたM7.1の地震以来の規模。75年の地震は今回とほぼ同じ場所を襲ったという。

米国立気象局の太平洋津波センターは地震の発生を受け、「一部の場所では海水位がわずかに変動する可能性がある」と指摘した。ただ、津波の発生は予想していないという。

電力会社の広報担当は、地震を受けハワイ島で1万4000世帯以上が停電したと明らかにした。

ハワイ郡市民防衛当局によれば、沿岸部では地震の影響で4、5件の地滑りが起きた。レイラニ・エステーツでは5つ目の噴火口が開いたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]