性犯罪に問われたウーバー運転手、全米で100人超 CNN調査

配車サービス大手ウーバーの運転手が乗客に性的暴行を加えるケースが問題視されている

配車サービス大手ウーバーの運転手が乗客に性的暴行を加えるケースが問題視されている

ニューヨーク(CNNMoney) 米配車サービス大手ウーバーで乗客に対する性暴力の罪に問われた運転手は、全米で過去4年間に少なくとも103人いたことが、CNNの独自調査で明らかになった。

カリフォルニア州サンディエゴに住む女性はカクテルを飲みに出掛けた帰りに酔った状態でウーバーに乗り、後部座席で意識を失ってしまった。気付くと自宅の手前で運転手に襲われていたという。女性は何とか逃げ出して警察に通報した。

警察は54歳の運転手を逮捕した。押収されたパソコンからは、この男が過去5年以上、自身の強姦や少女虐待の場面を撮り続けていたビデオが見つかった。運転手は昨年11月、性的暴行を含む計34件の罪で禁錮80年の刑を言い渡された。

CNNの調べによると、同じように乗客への性暴力で逮捕または手配されたり、民事裁判で訴えられたりしているウーバー運転手は少なくとも103人に上る。このうち少なくとも31人が有罪となっている。

ウーバーなど配車サービスの運転手による性暴力について、公式のデータは発表されていない。そこでCNNは警察や連邦裁判所、主要20都市にある郡裁判所の記録を徹底的に調査した。

ウーバーは2010年にサンフランシスコでサービスを開始し、現在では世界630都市で1日1500万件の配車を手掛けている。「安全に帰宅を」とうたい、飲酒運転の防止にもなるとして利用を呼び掛けてきた。

ところがCNNの調査では、被害に遭った女性の多くが外出先で酒を飲んだ後、酔った状態でサービスを利用していたことが判明。うたい文句とは裏腹の実態が浮かび上がった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]