金箔タトゥーに触れてスマホを操作、MIT研究者が試作

回路を内蔵した金箔入りタトゥーに触れてスマホを操作するという= MIT Media Lab

回路を内蔵した金箔入りタトゥーに触れてスマホを操作するという= MIT Media Lab

ワシントン(CNNMoney) 米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が、腕に張った金箔(きんぱく)入りのタトゥーでスマートフォンを操作して情報を送受信できる技術を開発した。

このタトゥーは金箔に回路を内蔵し、人が触れると反応して、モバイル決済などに使われる無線通信技術のNFC経由でスマートフォンと通信する。

開発を手がけたMIT研究生のシンディ・カオ氏は、昨年夏にマイクロソフトでインターンとして働いた経験を通じてこのアイデアを思いつき、3種類の「スマートタトゥー」を開発した。

そのうちの1つは皮膚に張ったタトゥーを軽くたたく操作を通じて、例えば音楽を再生したり一時停止したりすることが可能。もう1つは体温や心拍数を計り、スマートフォンに情報を送って画面に表示させる。

スマートフォンにかざすと情報がスキャンされる3番目のタトゥーは、映画の入場券やバスの乗車券としての利用が想定される。

カオ氏は小型化と低価格化、高度化が進むコンピューター部品を利用して、175ドル(約1万8000円)足らずで試作品を完成させた。いずれウェアラブル端末として普及させ、ネイルサロンや美容院などで装着してもらう構想を描いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]