「サイボーグ」が現実に? 米軍が開発に70億円拠出

将来的には脳からの電気信号で体に装着した電子機器を操作できるようになるという

将来的には脳からの電気信号で体に装着した電子機器を操作できるようになるという

ワシントン(CNN) 米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)研究計画局が先ごろ、人の脳に埋め込んだ装置でウエアラブル機器などのコンピューターと通信する技術の開発を目指し、プロジェクトを立ち上げた。

もし成功すれば、人間と機械が組み合わさった「サイボーグ」の登場も現実味を帯びてくる。戦闘中に負傷して聴覚障害や視覚障害を負った元兵士のために役立てられる可能性もある。

DARPAによると、この研究の目標は「人間の脳と現代の電子機器の間に回路を開く」ことにある。今年1月、同プロジェクトのために最大で6200万ドル(約70億円)を拠出すると発表した。

埋め込み装置の大きさは1立方センチメートル以下。脳内のニューロンを電気信号に変換し、人の脳とデジタル機器の間でデータを転送できるようにすることを目指す。デジタル化された聴覚や視覚の情報を脳に送り込むことによって、聴覚や視覚の障害を補う新しい治療法の確立にもつながると期待される。

この研究は軍事利用を目的としていないとDARPAの広報は説明する。しかしハーバード大学のコナー・ウォルシュ教授(機械・生体医学工学)は、「将来的にはウエアラブルロボット機器を埋め込み装置で操るようになる」と予想する。同氏によればウエアラブルロボット機器には兵士の戦闘能力の強化や脳卒中を起こした患者の回復支援などあらゆる可能性があるという。

一方、ハーバード大学のスティーブン・ピンカー教授(認識科学・心理学)はこのプロジェクトに懐疑的だ。「脳が複雑な情報をどう処理するのかはほとんど分かっていない」と同氏は述べ、健康な人の脳を「神経的に増強する」研究は何の役にも立たないと切り捨てる。ただし筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの患者のために役立てられる可能性はあるかもしれないと指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]