ネット依存症の入院治療施設、米国で初めて開設

オンラインゲームなどからインターネット依存症になるという

オンラインゲームなどからインターネット依存症になるという

(CNN) ライアン・ファンクリーブさんは米首都ワシントンを流れる真冬のポトマック川を見下ろしながら、自分の人生を振り返っていた。2007年の大みそか。大学教授の職を失い、川に身を投げる寸前までファンクリーブさんを追い込んだのは、インターネット依存症だった。

作家として成功を収め、大学教授という名誉ある職につき、結婚して2人の子どもももうけた。しかしオンラインゲームにはまって週80時間も没頭する状態に。実在の友人を避け、妻のことも無視するようになって、大学は解雇された。

ファンクリーブさんのような人のために、米国初のインターネット依存症の入院治療施設がこのほど米ペンシルベニア州の病院内に開設された。

同施設は1994年からネット依存症について研究している聖ボナベントゥラ大学のキンバリー・ヤング教授が中心となって開設した。1度に4人までの患者を受け入れ、全員が同じ日に入院して同じ日に退院。10日間の入院生活はまず、72時間の「デジタルデトックス」に始まり、続いて精神鑑定などが行われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]