米アップル、iPhone5sとiPhone5cを同時発表

iPhone5sをお披露目

カリフォルニア州クパティーノ(CNN) 米アップルは10日、米カリフォルニア州クパティーノの本社でイベントを開催し、スマートフォン(多機能携帯電話)の新機種「iPhone(アイフォーン)5c」と「iPhone5s」を同時に発表した。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は「市場の拡大にともない、現行のiPhone5に代わって2つのデザインを発売する。われわれの製品をさらに多くの顧客に届けられるようになる」と述べた。

iPhone5cはプラスチック製の本体を採用した廉価版だ。中国やインドなど新興市場でのシェア獲得を目指す。

価格は、記憶容量16GBのモデルを2年間の契約付きで99ドル(約1万円)、32GBモデルを同199ドルに設定。同時にカラフルな純正ケースを29ドルで発売する。

iPhone5の後継機、iPhone5sは、iPhone5のプロセッサーに比べて最大2倍の高速化を実現した64ビットの「A7」や、フィットネス関連のアプリに使えるモーション・コプロセッサーを搭載。カメラの性能が向上し、新たにスローモーション・ビデオの撮影が可能になった。

また特に注目されるのは、指紋センサー「タッチID」による指紋認証機能が加わったことだ。

価格は2年契約の場合16GBが199ドル、32GBが299ドル、64GBが399ドルとなっている。

5c、5sとも20日発売で、13日には5Cの予約受付を開始する。両機種に採用されている最新の基本ソフト「iOS7」は18日から無料で配布される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]