さっそく触ってみた 新型iPhone、実機の印象は?

新型iPhoneには「驚き」が足りない?

カリフォルニア州クパチーノ(CNN) 米アップルが10日に発表したスマートフォンの新製品「iPhone(アイフォーン)5s」と「5c」。同社は発表会の出席者に実機を試す機会も提供した。

新機能などを詳しく検証できるのはまだ先になるが、CNN記者が両機種を使ってみた第一印象をお伝えする。

iPhone5sのデザイン

iPhone5sの本体は、形もデザインもiPhone5と変わらない。ただ、色の選択肢が増え、うわさ通りにシャンパンカラーのゴールドも登場した。

表面はすべてガラスに覆われ、画面の周りには白いフレーム。ゴールドの色は側面と背面にしか見えない。

このほかにシルバーと、アップルが「スペースグレー」と呼ぶ新色が登場。5sの中ではこのグレーのみ、画面周辺のフレームが白ではなく黒になっている。

指紋センサー

ハードウエアの面で最も興味深い新機能はホームボタンの指紋センサーだろう。従来通りのパスコードも引き続き利用でき、指紋センサーを無効にすることも可能。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]