400年前の沈没船のエメラルドが競売に

2017.03.18 Sat posted at 18:00 JST

[PR]

(CNN) クレオパトラやエリザベス・テイラーも愛したエメラルド。ジュエリーの世界でカラーストーンの人気が高まる中、400年前のスペイン船から引き揚げられた貴重なエメラルドが4月、ニューヨークでオークションにかけられることになった。

売りに出されるのはエメラルドの専門家マニュエル・マーシャル・ディゴマー氏のコレクションの一部で、原石やカット済みの石が20個以上に、美しいジュエリー13点だ。

中でも注目されるのは、1622年にフロリダ沖で沈没したスペインのガレオン船「ヌエストラ・セニョーラ・デ・アトーチャ」号から引き揚げられたエメラルドだ。

マーシャル氏は船内にあった宝石の鑑定を依頼され、その一部を報酬として受け取ったという。競売の説明書きによると、この船にはコロンビア・ムゾ産のエメラルドが多数あり、「史上最も価値のある難破船」と評されている。

「アンデスの9本の柱」と呼ばれる9個のエメラルド原石(計91カラットあまり)の予想価格は250万~350万ドル(約2億8000万~3億9000万円)。4.39カラットの「海の女王」は25万~35万ドルの値が付くとみられている。

メールマガジン

[PR]