英名門ゴルフクラブ、女性会員認める 創設以来初

2017.03.15 Wed posted at 13:09 JST

[PR]

(CNN) 会員を男性のみに限定してきた英スコットランドの名門ゴルフクラブ、ミュアフィールドは14日、会員による投票で同クラブ史上初めて女性に門戸を開くことを決めたと発表した。

ミュアフィールドは1744年の創設以来、女性会員を認めていなかった。昨年5月に実施した前回の投票では女性への門戸開放が否決され、これが非難の的になって2016年の全英オープン選手権の会場候補地から外されていた。

今回の会員投票では80.2%が女性の受け入れに賛成した。賛成498票に対し反対は123票で、規約の改定に必要な3分の2の支持を上回った。投票率は92.7%だった。

全英オープンを主催するR&Aは14日、今回の投票結果を受け、ミュアフィールドは再び同大会の会場になると発表した。R&Aのスランバーズ最高責任者は「大会を主催する上で、会場となる全クラブで女性が会員になれることは極めて重要だ」と強調している。

スコットランド自治政府のスタージョン首相もツイッターで、「女性会員を認めるという決定は正しい。再び全英オープンの舞台となることを楽しみにしている」と評価した。

ミュアフィールドではこれまでも、女性がゲストやビジターとしてコースを利用することは可能だった。

同クラブへの新規加入は現在、男女を問わず2~3年待ちの状態で、初の女性会員誕生は早くても2年先になる見通しだという。

メールマガジン

[PR]