ルハンスク州での戦い、「非常に厳しい」 ウクライナ国防次官

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
瓦礫や車の残骸が放置されたルハンスク州リシチャンシクの路上/Madeleine Kelly/SOPA Images/LightRocket/Getty Images

瓦礫や車の残骸が放置されたルハンスク州リシチャンシクの路上/Madeleine Kelly/SOPA Images/LightRocket/Getty Images

(CNN) ウクライナ国防省のマリャル次官は20日、ウクライナ東部ルハンスク州でのロシア軍との戦闘について、「非常に厳しい」との認識を示したほか、戦況について何らかの予測をすることは状況の変化が激しいため、とても難しいと述べた。

マリャル氏によれば、情報は急速に変化し、「状況は30分ごとに変わる」という。ウクライナ軍かロシア軍のいずれかが街や村を完全に実効支配するまでは、状況がどのようなものか言うことは不可能だとの見方を示した。

マリャル氏は、ルハンスク州の要衝セベロドネツクでの戦闘について、何らかの予測をすることはないと語った。

マリャル氏は、ルハンスク州のロシア軍は人員と兵器の数で優位な立場にあると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]