ロシア軍殺害の住民数、ナチス・ドイツ時代の2倍 マリウポリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア軍と親ロシア派の支配下で激しく損壊したマリウポリの建物/Leon Klein/Anadolu Agency/Getty Images

ロシア軍と親ロシア派の支配下で激しく損壊したマリウポリの建物/Leon Klein/Anadolu Agency/Getty Images

(CNN) ロシア軍が先に掌握を宣言したウクライナ南東部の要衝マリウポリの市議会は7日までに、侵攻したロシア軍が2カ月の間に殺害した住民数は第2次世界大戦時のナチス・ドイツ侵入で同市が2年間で被った犠牲者数の2倍相当になると主張した。

市議会によると、ボイチェンコ市長はナチスが2年間で殺した市民は約1万人、ロシアの占領者たちが死に追いやったのは2万人余と説明。ロシアにより強制的に追放などされた住民は4万人余とした。

CNNはこれら数字の真偽を独立的には確認出来ていない。

ロシア軍の制圧が進んでいるとされる同市に残留する住民はまだ多数いる。

市議会は声明で、ロシアはヒトラー配下の軍が占領時期にしたように多くのウクライナ市民の不法移送を実施したとも主張。同市長は「近代史における平和的な住民に対する最も恐ろしい集団的な虐殺の一つ」とし、「ロシア軍は我々の街と市民を標的にし無慈悲な根絶を狙っている」と訴えた。

一方、国連のデュジャリック報道官は7日までに、ロシア軍が包囲し、人道危機も指摘されているマリウポリの製鉄所「アゾフスターリ」内に今なお取り残されている市民の人数は明らかになっていないと述べた。

米ニューヨークの国連本部で記者団に、同製鉄所周辺での情報収集が極めて難しい現状にあると指摘。「戦闘現場そのものであり、一部は破壊されている。人々はトンネル内で生存している」とし、「正確な人数を把握することは非常に難しい」と認めた。

国連や赤十字国際委員会などはマリウポリ市やアゾフスターリ製鉄所に閉じ込められている民間人らの救出に取り組んでいるが、退避は遅々として大きく進んでいない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]