モールで火災、行方不明の37人死亡か フィリピン南部

ショッピングモールで火災が発生した=23日、ダバオ市

ショッピングモールで火災が発生した=23日、ダバオ市

(CNN) フィリピン南部ダバオにあるショッピングモールで23日、火災が発生し、少なくとも37人が行方不明になり、生存が絶望視されている。

市の災害対策当局によると、火災は同日午前9時40分ごろに同市内のモール「ニュー・シティー・コマーシャル・センター(NCCC)」の3階で発生した。

24日午前の時点で火はほぼ消し止められ、鎮火宣言の直前までこぎ着けたという。当局は出火原因を調べている。

ダバオはドゥテルテ大統領の出身地として知られる。大統領の長男、パオロ・ドゥテルテ副市長は消防隊の現地司令官の話として、37人が見つかる可能性はゼロだと述べた。

モール側は23日、引き続き全員の無事を祈ってほしいと呼び掛けていた。

地元メディアが伝えた写真には、ドゥテルテ大統領自身がモールを訪れ、行方不明者の家族らと面会した様子が写っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]