ロンドン動物園で火災 ツチブタが死ぬ、3時間で消し止め

ロンドンの動物園で火災が発生した

ロンドンの動物園で火災が発生した

ロンドン(CNN) ロンドン中心部のリージェント公園にあるロンドン動物園で23日早朝に火災が発生し、飼育されていたアフリカ原産の夜行性動物、ツチブタの雌1頭が死んだ。

園内では従業員数人が煙を吸い込むなどして手当てを受けた。

動物園は声明で、ほかの動物についても今後数日間、獣医らが注意深く経過を見守ると述べた。

23日は休園となったが、24日には再開される見通しだという。

火災で死んだのは「ミーシャ」と名付けられていた10歳前後のツチブタ。ミーアキャット4匹も見つからず、死んだとみられている。

動物園によると、同日午前6時ごろ、子どもたちが動物と触れ合えるコーナー「アニマル・アドベンチャー」から火が出て、近くの売店に広がった。職員らが数分以内に駆け付け、ロンドン消防隊から消防車10台と隊員70人以上が出動。約3時間後に鎮火した。出火原因は調査中だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]