フィリピン大統領「島を占領せよ」、南シナ海問題で軍に命令 

フィリピンのドゥテルテ大統領が南シナ海の領有権問題で強硬発言

フィリピンのドゥテルテ大統領が南シナ海の領有権問題で強硬発言

香港(CNN) フィリピンのドゥテルテ大統領は6日、軍に対して南シナ海でフィリピンが領有権を主張する島を全て占領するよう命令した。

ドゥテルテ大統領はフィリピンのパラワン島にある軍事基地を訪れ、「我々は誰とでも友好的であろうとしたが、少なくとも我々が支配する地域で主権を維持する必要性が生じ、その全てを占領するよう軍に命じた」と語った。

大統領はさらに、スプラトリー(南沙)諸島にあるパグアサ島(英語名ティツ島)に独立記念日の6月12日、フィリピン国旗を掲揚する可能性を示唆した。

スプラトリー諸島ではフィリピンのほか、中国、台湾、マレーシア、ブルネイ、ベトナムが領有権を主張している。

ドゥテルテ大統領の就任以来、南シナ海の領有権問題を巡るフィリピンと中国との関係は改善に向かっていた。しかし今回の発言はそうした姿勢を変化させ、中国が進めているとされる当該の島々の軍事拠点化を目指す意向を示唆したものとも受け止められる。

ドゥテルテ大統領は、「我々全てが競ってこうした島々を取ろうとしているような状態だ。少なくとも現在我々が所有する島は占拠して、我々のものであることを強く主張する」と強調。フィリピンは自国の領土を「要塞化」する必要があると述べ、「倉庫や住宅を建設し、居住のための準備をしなければならない」と語った。

ドゥテルテ大統領は過去にも過激な発言を繰り返してきたが、必ずしも言葉通りには行動していない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]