ロヒンギャ問題は「典型的な民族浄化」 国連弁務官

2017.09.12 Tue posted at 12:15 JST

[PR]

(CNN) ミャンマー西部ラカイン州でイスラム教徒の少数派ロヒンギャへの迫害が深刻化している問題について、国連のゼイド人権高等弁務官は11日、「民族浄化の典型的な例」だと非難した。

ゼイド氏は同日始まった人権理事会の会合で冒頭演説に立ち、ロヒンギャの問題に言及。ミャンマー当局がラカイン州への立ち入りを認めないため、状況の全容は把握できていないと述べた。

そのうえで、ロヒンギャに対する人権侵害は「人道犯罪」に相当し得る「広範あるいは組織的な攻撃」をうかがわせるとした昨年来の警告を改めて繰り返した。

隣国バングラデシュに拠点を置くロヒンギャ支援活動の統括組織によると、治安部隊がロヒンギャ武装集団の掃討作戦を始めた先月25日以降、バングラデシュへ逃れたロヒンギャ難民は少なくとも31万3000人に上っている。

多数の住民が殺害、強姦され、村全体が焼き払われたという例も報告されている。同組織は、難民への支援に7700万ドル(約84億円)の資金が必要だと訴えている。

メールマガジン

[PR]