台湾の馬総統、南シナ海の島を訪問へ

香港(CNN) 台湾の総統府は27日、馬英九(マーインチウ)総統が週内にも南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島で台湾が実効支配している太平島を訪問すると明らかにした。

スプラトリー諸島については、台湾をはじめ、中国やベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイが、全体や一部について領有権を主張している。

同海域では、中国が2年前に人工島の建設を進めて以来、緊張状態が高まっている。

今年1月には、南シナ海の海域に中国が石油掘削装置を移動させたとして、ベトナムが反発を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]