中国、米軍艦の航行を強く非難 南シナ海の人工島

米軍艦による南シナ海の人工島付近の航行を中国側が強く非難=米国防総省

米軍艦による南シナ海の人工島付近の航行を中国側が強く非難=米国防総省

(CNN) 米海軍の駆逐艦が南シナ海で中国の人工島から12カイリ(約22キロ)内の海域を航行したことを受け、中国側の当局者らは強い態度でこれに反発した。

中国の崔天凱(ツイティエンカイ)駐米大使は27日、CNNとのインタビューで、米国の行動は「政治、軍事の両面において極めて深刻な挑発」だと非難した。

さらに「自国の軍艦を頻繁に派遣しておきながら、他国に向かって地域情勢を軍事化するなと頼むのは非常にばかげた、偽善的な姿勢だ」と不快感をあらわにした。

また中国国防省は「米軍艦の動きは我が国の主権と安全保障上の国益を脅かし、岩礁の人員を危険にさらした」と主張した。

同省によると、米軍艦の航行に対して中国の軍艦2隻などが監視に当たり、警告を発したという。

一方、米国のカーター国防長官は議会上院の公聴会で、同様の航行作戦を今後も継続すると表明。「我々は国際法で認められ、作戦上必要とされる場所にはどこへでも飛行、航行し活動する」と改めて宣言した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]