南シナ海は「中国の領土」 中国国家主席が明言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国の習近平(シーチンピン)国家主席

中国の習近平(シーチンピン)国家主席

(CNN) 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は7日、シンガポール国立大学で講演し、主権論争が起きている南シナ海問題に触れ、古来、中国の領土であると改めて主張した。中国の国営メディアが伝えた。

同海の主権を守るのは領土の統治権の問題であるとも強調した。領有権論争については他の当事国との間で解決するとの考えも示した。

習主席の発言内容は、中国政府がこれまで南シナ海の主権保持を正当化するのに用いてきた主張に沿ったものとなっている。

同主席は講演で、南シナ海で航行や飛行の自由に問題は起きなかったとし、今後も発生しないと言明。中国は航行の自由を最も必要としている国であるとも述べた。

また、南シナ海の領有権論争に言及した際、地域外の諸国の存在に触れながらも問題の解決方法と直接関係付けることはしなかった。米国を念頭に置いた発言とみられる。

南シナ海では先月末、米軍のイージス駆逐艦が中国が造成し領海の設定も唱える人工島の12カイリ(約22キロ)内に進入し、両国間の外交問題にも発展した。米国は国際海洋法に従い人工島周辺の領海を認めず、今後も同様の行動に出ることを主張している。

習主席は台湾の馬英九(マーインチウ)総統と7日にシンガポールで首脳会談を行っていた。中台首脳の直接会談は1949年の分断後、初めてだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]