中国、係争海域にまた石油掘削装置 ベトナム反発 南シナ海

係争海域での石油掘削を受け、ベトナムが中国に抗議

係争海域での石油掘削を受け、ベトナムが中国に抗議

香港(CNN) ベトナム外務省の報道官は21日までに、同国と中国が主権を争う南シナ海の海域に中国が石油掘削装置を移動させたことが判明したとし、掘削活動の停止と装置の撤収を要求した。

これに対し中国外務省の報道官は20日、石油掘削装置は議論の余地が全くない中国が支配する海域で作業していると反論。ベトナム側が事態を平静に受け止め、中国側と協議し関係する海事の問題への適切な処理を共に図る努力を行うことを期待すると主張した。

現場の海域はベトナム・トンキン湾の外側で、装置は今月16日に据えられたとしている。ベトナムの抗議は同国外務省代表がハノイで今月18日に中国大使館の当局者と会った際に伝えられたと見られる。

ベトナム外務省報道官は、この石油掘削装置はベトナム中部沖と中国の海南島沖合で両国が共に主張する大陸棚線の重複する海域に移されたと指摘。この海域の国境線は未画定となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]