中国、南シナ海の人工島で試験飛行 ベトナムが抗議

香港(CNN) 中国が南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島の人工島に新設した滑走路で試験飛行を実施した。これについてベトナムが抗議を行ったが、中国は主権の範囲内での飛行だったと主張している。

中国外務省の華春瑩報道官は2日、南沙諸島のファイアリー・クロス礁に新設した空港で中国政府が民間機の飛行実験を行ったと説明し、「すべて中国の主権の範囲内」での行為だったと強調した。

一方ベトナム外務省は、南沙諸島におけるベトナムの主権が侵害されたとして、飛行を繰り返さないよう中国に申し入れた。

南沙諸島には小さな島や岩礁や浅瀬が多く、複数の国が入り乱れて領有権を争っている。中国は過去2年で8平方キロあまりを埋め立てて人工島を造成し、飛行場や港湾を整備していた。

領有権争いが起きている海域に滑走路を建設している国の中で、爆撃機の運用能力を持つ国は中国のみ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]