「今夜はイグアナが降るでしょう」、米気象局がフロリダ州に注意報

米国立気象局は気温低下によってイグアナが木から落ちる可能性があることをツイートした/WPTV

米国立気象局は気温低下によってイグアナが木から落ちる可能性があることをツイートした/WPTV

(CNN) 米東部がこの冬一番の寒気に覆われ、南部の州でも厳しい寒さが続いている。

ルイジアナからノースカロライナ、サウスカロライナ、フロリダにかけての各州では平均気温が平年を大幅に下回った。フロリダ、ジョージアの両州では22日午前にかけて気温が氷点下を切る可能性があるとして、当局が警戒を呼びかけている。

米国立気象局のフロリダ州マイアミ支部は21日午後、寒さに関係した異例の天気予報を発表。「今夜はイグアナが木から落ちてきても驚かないでください」とツイートした。

フロリダ州南部では、木の上で眠っていたイグアナが冬眠状態になって、道路や車、プール、さらには歩行者の上に落下することがある。イグアナはオスの成体で体長約150センチ、体重約9キロに達することもあり、人間の上に落ちれば危険を伴いかねない。

外来種のイグアナは体温の調節がうまくできず、気温が10度を切ると動きが鈍くなり、7度を下回れば冬眠状態になる。ただ、死んだように見えても呼吸はしていて、重要な身体機能は継続している。そうすることで身を守り、気温が10度以上に上がるのを待つ。

それでも10度を下回る寒さが8時間以上続くと、ほとんどは死んでしまい、とくに小さなイグアナは生き延びるのが難しい。

もっとも、侵略的外来種とみなされるイグアナの身を案じる人ばかりとは限らず、「これで間違いなくフロリダ南部からの侵略的爬虫類(はちゅうるい)駆除が促進されるとして、寒気の到来を待ちわびていたイグアナハンターもいる」と専門家は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]