デルタ系パイロット、人種差別的な落書きを繰り返し起訴

米航空会社のパイロットが空港施設内の壁に人種差別的な落書き/Leon County Sheriff's Office

米航空会社のパイロットが空港施設内の壁に人種差別的な落書き/Leon County Sheriff's Office

(CNN) 米フロリダ州タラハシーの空港で人種差別的な落書きを繰り返したとして、米デルタ航空の子会社エンデバー・エアのパイロットだった男が器物損壊罪で起訴された。

ジェームズ・エリス・ディーズ被告は同空港のトイレや駐車場エレベーターの壁に、黒人や中南米系への差別用語や、トランプ米大統領のスローガン「米国を再び偉大に」の頭文字「MAGA」含む落書きを繰り返していたとされる。

空港警察が今月、本人への事情聴取で、エレベーター内に設置したカメラから落書き犯と特定されたと告げると、一部は自分が書いたと供述。警官に対し、自分がそれまで苦労してきたことや、怒りの感情をコントロールできないことを訴えた。

被告は聴取の後、乗務に向かおうとしたが、自身が操縦席に座れる精神状態ではないと判断し、空港から立ち去ったという。

ディーズ被告は今月9日の初公判で無罪を主張した。

デルタ航空の報道担当者はCNNに、被告がもはやエンデバー・エアに勤務していないことを確認した。

連邦航空局(FAA)のデータベースによると、被告は2013年1月に旅客機パイロットの資格を得ていた。

タラハシー警察によると、同空港では昨年12月までの1年間に20件の落書きが報告された。人種差別的な内容が大半を占め、4件はトランプ氏の弾劾(だんがい)を支持したり同氏に反対したりする内容だった。ディーズ被告は差別的な落書きのうち1件以外は全て自分が書いたことを認めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]