新型コロナウイルス、米国で初の感染者 空港の検査を強化へ

米疾病対策センター(CDC)は米国内初の新型コロナウイルスの感染例を発表した/Kevin C. Cox/Getty Images North America/Getty Images

米疾病対策センター(CDC)は米国内初の新型コロナウイルスの感染例を発表した/Kevin C. Cox/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 中国の湖北省武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が集団発生している問題で、米疾病対策センター(CDC)は21日、米国内で初となる感染例が確認されたと発表した。

患者はシアトル北郊に住む30代の男性。容体は良好とされるが、現在も念のため、自宅近くの病院で隔離されている。

男性は米国が武漢からの便の乗客を対象にコロナウイルス検査を始める前の今月15日、シアトル・タコマ国際空港に到着し、19日に体調不良で受診。医師らは男性の症状と渡航歴からコロナウイルス感染を疑い、CDCに検体を送っていた。

CDCと州当局は男性が受診までに接触した相手を調べているが、保健当局者は「市民へのリスクは低い」との見方を示す。

CDCは先週末からニューヨークとサンフランシスコ、ロサンゼルスの主要3空港で、武漢からの乗客について発熱、せきなどの症状を検査してきた。今後はさらにアトランタ、シカゴ・オヘア両国際空港を加え、武漢から直行便や乗り継ぎ便で到着する乗客の受け入れをこの5空港に限定する。

新型コロナウイルスの患者は中国で300人を超え、死者は6人になった。国外ではこれまでにタイ、日本、韓国で感染者が見つかっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]