「世界最大」のハチ、38年ぶりに発見 インドネシア

「世界最大」のハチ、38年ぶりに発見

(CNN) インドネシアの北モルッカ諸島でこのほど、世界最大とされるハチ「ウォレスズ・ジャイアント・ビー」が見つかった。このハチは1981年を最後に目撃例が途絶えており、科学者の間では絶滅が危惧されていた。

研究グループがウォレスズ・ジャイアント・ビーを「再発見」したのは1月25日。生きた個体の写真と動画の撮影に初めて成功した。このハチの翼幅は2.5インチ(約6.4センチ)で、体は人間の親指ほどの大きさがある。

自然写真家のクレイ・ボルト氏ら4人で構成されるチームは長年このハチの研究を続けており、今回インドネシアの森を数日にわたり探索した末、ようやく遭遇できた。

再発見を受け、一帯に他にも生息地の森が存在するのではないかとの期待が再び高まっている。国際自然保護連合(IUCN)はこのハチを「危急種」に分類している。

過去にウォレスズ・ジャイアント・ビーを目撃した記録があるのは2人だけだ。1人目は英国の博物学者アルフレッド・ラッセル・ウォレスで、1858年にインドネシアのバカン島でこのハチを発見。1981年には昆虫学者のアダム・メッサー氏が2人目となった。

研究チームはメッサー氏の論文からウォレスズ・ジャイアント・ビーの生息地や行動に関する情報を入手したほか、衛星写真を調べて地形にも習熟。低地の森や、樹木に生息するシロアリの巣で見つかることが多いことを事前に把握していた。

ただ、インドネシアでは森林伐採の進行でウォレスズ・ジャイアント・ビーの生息地が減少。研究チームは次から次へとシロアリの巣を見て回るも、発見には至らなかった。

5日間の日程の最終日になり、チームのガイドと通訳が地上およそ2.4メートルの場所に興味深い巣を発見。ボルト氏が木に登って詳しく調べたところ、そこに雌のウォレスズ・ジャイアント・ビーがいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]