ハローキティの中華レストランが登場 香港

かわいすぎて食べられない? ハローキティをかたどった点心料理が誕生=ハローキティ中菜軒

かわいすぎて食べられない? ハローキティをかたどった点心料理が誕生=ハローキティ中菜軒

(CNN) 香港でこのほど、世界初のハローキティ中華レストランが開店した。サンリオの人気キャラクター、ハローキティはアジア各地で愛されており、香港でもフライパンや電卓など、あらゆるもののデザインに登場する。ハローキティの顔の焼き跡をつけるパン焼き器まであるが、中華レストランは初めてだ。

新レストランの名前は「ハローキティ中菜軒」。料理の値段は42~238香港ドル(約670~3800円)。このうち半数がハローキティ関連だ。

店外では赤と金で描かれたハローキティの看板が正面を彩る。この2色は中国の伝統で縁起がいいとされている。格子窓はリボンの形だ。

ハローキティは店内にもあふれている。箸、箸置き、皿、おわん、スプーン、急須、天井の照明、壁の装飾、ワイングラス、ワインボトル、椅子など、至る所にあしらわれている。テーブルにまでハローキティの似顔絵が彫り込まれている凝りようだ。

まず始めに出てきたのは、柔らかくておいしい、カスタード入りの蒸し饅頭(1箱で42香港ドル)。続いてエビギョーザ(48香港ドル)と広東風の蒸しパン(48香港ドル)。あまりにかわいいため口に入れるのがはばかられたが、点心は冷めてしまうと具合が悪いので、ハローキティに謝って食べた。いずれもおいしいのはうれしい驚きだ。ハローキティ関連の食べ物はこれまで、味がいま一つだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]