ハローキティ40周年にファン集結、でも「ハッピーバースデー」は禁句

ハローキティ40周年、米LAでもイベント

ロサンゼルス(CNN) サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」が11月で40周年を迎え、米ロサンゼルス市内でこのほど開かれた記念イベントに世界各国から大勢のファンが集まった。

ロサンゼルスの記念イベントは、市内の現代美術館やリトルトーキョーにある全米日系人博物館を会場として大々的に開催。キティグッズを身に着けたファンが展示会や関連グッズの販売に詰めかけた。

シンガーソングライターのケイティ・ペリーも姿を見せ、指にキティのタトゥーを入れていた。

ハローキティの「誕生日」は11月1日。ただし「ハッピーバースデー」の言葉は「禁句」とされ、今回のイベントは記念パーティーと呼ばれている。ハローキティについての著書があるハーバード大学教授のクリスティン・ヤノ氏によれば、キティの年齢には言及しないのがファンのお約束だという。

サンリオのマーケティング責任者デイブ・マーチ氏によると、2013年の関連グッズの売り上げは80億ドル(約9000億円)以上。ロサンゼルスで開かれたイベントのチケット(大人30ドル、子ども20ドル)は4日間で2万5000枚が売れた。

ファンには女性だけでなく男性も多い。サンディエゴから来た男性は「ハローキティはみんなを幸せにしてくれる」とにっこり。別の男性はたくましい腕にキティとヘビのタトゥーを入れてもらってうれしそうだった。ペルーのリマからはるばるやって来たという40歳の女性もいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]