韓国第2の都市、釜山の楽しみ方

韓国の「夏の首都」と呼ばれる釜山 写真提供=Busan Tourism Org.

韓国の「夏の首都」と呼ばれる釜山 写真提供=Busan Tourism Org.

(CNN) 韓国の港湾都市、釜山は、首都ソウルから電車でわずか2時間半の距離にあり、韓国の「夏の首都」と呼ばれる。ソウルと釜山は韓国が誇る二大都市だが、特徴は大きく異なる。そこで今回は、韓国第2の都市、釜山の楽しみ方をジャンルごとに紹介する。

<ビーチ>

ヘウンデ

毎年、7月1日から8月31日までの遊泳シーズンには、多くの韓国人や外国人旅行者がヘウンデのビーチを訪れる。ビーチの前には、韓国版の屋台「幌張馬車(ポジャンマッチャ)」が立ち並ぶ通りがあり、生きているタコからロブスターまで、あらゆる海産物を販売している。

広安里(クァンアルリ)

家族向けのヘウンデに対し、広安里は若者に人気がある。夜には、韓国最長の支間長を誇る吊り橋「広安大橋」が、色の変化する10万個のライトで照らされ、広安里のビーチから特に美しく見える。

<ホテル>

ザ・ウェスティン・チョースン釜山

ザ・ウェスティン・チョースン釜山は、ヘウンデ・ビーチに面し、ホテルからの景色があまりに見事なため、35年前に同ホテルの建設中、韓国政府はホテルの高さを10階に制限した。

ロビーは床から天井まで全面ガラス張りで、海が一望できる。また同ホテルでは、宿泊客向けに現地ツアーを(無料か格安で)提供している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]