ロシア、新型コロナ研究施設にサイバー攻撃か 米英カナダが発表

ロシア、新型コロナ研究施設にサイバー攻撃か

(CNN) 米国と英国、カナダの安全保障当局は16日、ロシアの工作員が新型コロナウイルスワクチンの開発にかかわる組織にサイバー攻撃を仕掛けていると明らかにした。

これによると、サイバー攻撃を行っているのは「APT29」と呼ばれるハッカー集団で、「ザ・デューク」「コージーベア」などの名前でも知られる。

英国立サイバーセキュリティセンター(NSCS)は今回、このハッカー集団の活動内容を詳しく説明する文書を発表。米英やカナダのワクチン研究開発組織を狙った工作が相次いでいるとして警戒を呼び掛けている。

報道陣向けの声明では「APT29による悪意のある活動は現在も進行中で、重要な知的財産を盗むため、主に政府や外交機関、シンクタンク、医療機関、エネルギー業界を標的にしている」と指摘した。

コージーベアはロシア情報機関とつながりのある2つのハッカー集団の1つで、2016年米大統領選を控える時期に民主党全国委員会の内部システムに侵入したとみられている。ただ、新型コロナ関連のサイバー攻撃に絡みコージーベアが名指しされるのは今回が初めて。

ロシア国営のタス通信によると、ペスコフ大統領報道官は同日、ロシアは新型コロナワクチンの開発にかかわる組織を狙ったハッキングに「一切関与していない」と述べた。

米英カナダの当局はこのところ、新型コロナ対応組織に対して国家の支援を受けたサイバー攻撃が行われているとして、再三警戒を呼び掛けてきた。

4月にはCNNも、新型コロナ対策を主導する米政府機関や医療組織を狙い、国家や犯罪集団がサイバー攻撃を仕掛ける例が増えていると報じていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]