新型コロナワクチン、第1段階の治験で全員に免疫反応 米モデルナ

米バイオテクノロジー企業のモデルナが第1段階の臨床試験で被験者全員に免疫反応を確認した/Maddie Meyer/Getty Images

米バイオテクノロジー企業のモデルナが第1段階の臨床試験で被験者全員に免疫反応を確認した/Maddie Meyer/Getty Images

(CNN) 米国立衛生研究所(NIH)と共同で新型コロナウイルス対策ワクチンの開発を進めている米バイオテクノロジー企業のモデルナは14日、第1段階の臨床試験で、被験者全員に免疫反応を確認したと発表した。

臨床試験の結果は、14日の米医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に報告された。米国で開発中のワクチンについて、結果が査読済みの医学誌に発表されたのは初めて。

モデルナは発表の中で、ワクチン候補の「mRNA-1237」を使った臨床試験について、「全投与量を通じて確実な免疫反応を引き起こすことが、フェーズ1のデータで実証された」と説明している。ただし一部は疲労感、悪寒、頭痛、筋肉痛、注射部位の痛みといった軽度から中程度の副作用を伴っていた。

同ワクチンは今月中に、第3段階の大規模臨床試験が始まる見通し。これが最終段階の臨床試験となり、この結果をもとに規制当局が承認するかどうかを判断する。

モデルナは14日の発表の中で、今後の研究が全て順調に進んだ場合、年間およそ5億回分、恐らくは最大で10億回分の供給を、2021年から開始できるとしている。

第1段階の臨床試験は、ワクチンの安全性を検証し、免疫反応を見極めることが目標だった。「免疫反応は有望だと考えているが、実際に感染を防止できるレベルなのかどうかは分からない」と研究者は解説する。

mRNA-1237に関する大規模な臨床試験は、今月27日から開始される見通し。米国で第3段階の臨床実験が行われるのは初めてとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]