米アマゾンが新型キンドルを発表

2012.09.07 Fri posted at 11:37 JST

[PR]

サンタモニカ(CNN) 米インターネット通販大手アマゾンは6日、新型の電子書籍リーダーとタブレット端末を発表した。

新型の電子書籍リーダー「キンドル・ペーパーホワイト」は、同じくタッチスクリーン搭載の従来モデル「キンドル・タッチ」よりも解像度が62%もアップ。暗いところでも読めるようライトも装備した。ライトを点灯した場合でも、バッテリーは8週間持つという。

価格はWi-Fi版が119ドル、3G版が179ドル。6日から事前予約を開始し、10月1日から出荷を始めるという。

アマゾンはまた、アンドロイド搭載のタブレット端末の新型「キンドル・ファイアHD」も発表した。サイズは7インチと8.9インチの2タイプ。価格は16GBタイプがそれぞれ119ドルと299ドルだ。

4GLTE通信に対応した8.9インチモデルも発表され、32GBタイプで価格は499ドル。

アマゾンの発表によれば、旧型ファイアは米国のタブレット販売の22%を占める大ヒット製品となった。販売実数については明らかにされていないが、市場調査会社IDCによれば世界のタブレット市場における今年第2四半期のアマゾンのシェアは4.8%だったという(ファイアは米国内のみの販売)。

タブレット市場には現在、多くメーカーがさまざまな製品を投入している。世界市場シェア62%を誇るアップルは10月、小型iPadを発表するとのうわさがある。マイクロソフトもウィンドウズ8を搭載したタブレット「サーフェス」を10月に発売する予定だ。

メールマガジン

[PR]