レッド・ツェッペリン代表曲、「盗作ではない」 米裁判所

レッド・ツェッペリンのメンバー。代表曲がオリジナル作品だとの評決が下った

レッド・ツェッペリンのメンバー。代表曲がオリジナル作品だとの評決が下った

ロサンゼルス(CNNMoney) 英ロックバンド、レッド・ツェッペリンの代表曲「天国への階段」が別バンドの楽曲の盗作だと訴えられた裁判で、ロサンゼルスの裁判所の陪審は23日、盗作ではないとする評決を下した。

訴えられていたのはレッド・ツェッペリンのロバート・プラント氏とジミー・ペイジ氏。

評決を受けてレッド・ツェッペリンは声明を出し、「私たちの主張が認められ、『天国への階段』の出所についての疑問に終止符が打たれたこと」に感謝すると述べた。

この裁判は1960年代のバンド、スピリットの一員だった故ランディー・クレイグ氏の遺産管財人が起こしたもの。「天国への階段」の冒頭部分はスピリットの楽曲「トーラス」からの盗用だったとし、クレイグ氏を共同作曲者として認めることと損害賠償を求めていた。

原告側は、2つの曲が似ているのはプラント氏とペイジ氏がスピリットの演奏を聞くなどして「トーラス」をよく知っていたためだと主張。ツェッペリン側は、問題部分のコード進行はよくあるパターンで、著作権は存在しないと主張した。

ペイジ氏とプラント氏も出廷し、スピリットのコンサートに行った記憶はないと証言。ペイジ氏は4000枚を超えるレコードのコレクションの中に「トーラス」を含むアルバムがあるものの、2年前にインターネットで聞いたのが初めてだったと述べた。また両氏は「天国への階段」を1971年に英ハンプシャーの別荘で製作した際の様子を詳細に語った。

コンデナスト・ポートフォリオの2008年の推計によれば、「天国への階段」のレコード売り上げや印税は合計5億6200万ドル(約590億円)を超えるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]