強姦被害訴えたオランダ人女性、「不法な性行為」で有罪 カタール

カタールの裁判所が強姦被害を届け出た女性に有罪判決を下した

カタールの裁判所が強姦被害を届け出た女性に有罪判決を下した

アブダビ(CNN) カタールで強姦(ごうかん)被害を届け出て今年3月中旬から拘束されていたオランダ人女性(22)が13日、「合意に基づく不正な婚外関係」などの罪に問われ、首都ドーハの裁判所で有罪判決を言い渡された。

裁判所は女性に対し、婚外関係の罪で禁錮1年、執行猶予3年、許容される場所以外で飲酒した罪で3000カタール・リヤル(約8万7000円)の罰金を言い渡した。間もなく国外退去処分となる見通し。

一緒に出廷したシリア人の男は、女性と同じ罪に問われて有罪判決を受け、婚外関係の罪でむち打ち100回、アルコールを違法摂取した罪で40回を言い渡された。男はイスラム教徒で、カタールの法律では一切の飲酒が禁止されている。

裁判では強姦の主張に対する言及は一切なかった。

女性側の弁護士によると、女性はドーハのホテルのバーで友人と飲んでいて気分が悪くなった。目が覚めると知らない場所にいて、自分が飲料に薬物を混入され、レイプされたことを知ったと訴えている。警察に被害を届け出たところ、自身が拘束されたという。

在カタール・オランダ大使館は、女性本人やオランダにいる家族と接触して支援に当たっていると説明していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]