ファイザー製ワクチン「12~15歳治験で100%有効」 近く申請へ

ファイザー製ワクチンが12~15歳の子どもに対し100%の有効性を示したことがわかった/Antonio Masiello/Getty Images

ファイザー製ワクチンが12~15歳の子どもに対し100%の有効性を示したことがわかった/Antonio Masiello/Getty Images

(CNN) 米ファイザーと独ビオンテックは3月31日、両社が共同開発した新型コロナウイルスワクチンが12~15歳の子どもに対し100%の有効性を示したと発表した。副反応も十分認容できると評価している。

今後数週間以内に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する計画で、他の各国でも申請する予定だ。同ワクチンは2回の接種を必要とするタイプ。

ファイザーによると、米国の12~15歳の子ども2260人に対して第3相臨床試験(治験)が行われ、2回目の接種後1カ月で強い抗体反応が確認された。以前実施された16~25歳の治験の結果を上回っているという。

同社によると、偽薬を与えられた1129人のうち18人が新型コロナウイルス感染症にかかり、ワクチン接種を受けた1131人からは1人も感染者が出なかった。こうしたデータはまだ査読を受けていない。

副反応は接種局部の痛み、疲労、発熱などで、16~25歳で見られたのと同じだったという。参加者は2回目の接種後2年間、防御効果や安全性の追跡調査を受ける。

研究者によると、子どもの治験では、大人の治験で判明した防御に関連する多数の抗体を特定し、そのレベルを確認している。そのため、参加者の数は大人よりも少なくて済むのが一般的だという。

ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は「来年度が始まる前にこの年齢グループへのワクチン接種が開始できることを期待している」と述べた。

テキサス小児病院ワクチン開発センターの幹部ピーター・ホーテズ氏は、学校は生徒へのワクチン接種がなくても再開できるが、接種があれば助けになると指摘。「秋までには12歳以上の中学生、高校生がワクチン接種を受けられる可能性が十分あると思う」と語る。ただし、治験結果はこれから評価を受ける必要があると注意を促した。

若者への接種は対面授業の再開だけなく、より感染力の高い変異株の流行の観点からも重要となる。

ビオンテックのウグル・サヒンCEOは「英国で最初に見つかったB.1.1.7変異株の拡大が数週間見られる中、子どもに対しワクチンが特に有効との初期結果が出たことは心強い」と語った。

ファイザーは12~15歳の治験で安全性が示されたことを受け、生後6カ月~11歳までを対象とした治験を先週開始した。米モデルナも12~17歳と6カ月~11歳への2つの治験を進めている。

専門家は11歳以下の子どもがワクチン接種を受けられるようになるのは来年度以降になるとみている。アンソニー・ファウチ米国立アレルギー感染症研究所長は、接種が可能になるのは2022年第1四半期となる可能性を示唆している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]