イケア、シリア難民200人雇用 限定品の織物を販売へ

ロンドン(CNNMoney) スウェーデンの家具大手イケアは1日までに、シリア難民が製作したラグや織物を2019年から売り出す計画を発表した。

米国ではトランプ大統領がシリアなど7カ国の市民を対象とする入国禁止の大統領令を出しているが、イケアは31日の声明で、「我々は全ての人の基本的権利を支持する。一切の差別は容認しない」と強調した。

イケアのプロジェクトではヨルダンに住むシリア難民のうち、女性を中心に約200人の雇用を見込む。女性を支援している現地の団体と連携して計画を進める。

国連によると、ヨルダンは65万5000人を超すシリア難民を受け入れている。約3万7000人はヨルダンでの就労が許可されているが、無許可で働く難民も多数いる。伝統的に子どもの世話をする役割を担ってきた女性の就労率は極めて低い。

イケアは家事を担う女性の就労時間に配慮して、柔軟な働き方を認める方針。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]