イケア、シリア難民200人雇用 限定品の織物を販売へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグや織物はヨルダン国内や自由貿易協定を結んでいる中東の各国で、限定品として売り出す。

今回のプロジェクトは、入国禁止の米大統領令が出される前から計画されていた。

大統領令を受けてイケア米国法人トップのラーズ・パターソン氏は、影響を受けるイケア従業員には無料法律相談やカウンセリングを提供すると述べ、「当社の顧客や同僚の特定グループを差別するような提案や、多様な人材の確保の足かせとなる提案は問題だ」と批判していた。

イケアはこれまでに、中東とアフリカ、アジアの難民キャンプのエネルギープロジェクトのために3080万ユーロ(約37億円)を寄付するなど、幅広い難民支援プロジェクトを打ち出している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]