難民用の仮設住宅、デザイン最優秀賞に 英国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イケアと国連難民機関が協力して発案した「Better Shelter」が最優秀賞に

イケアと国連難民機関が協力して発案した「Better Shelter」が最優秀賞に

(CNN) 英ロンドンのデザイン博物館は28日までに、昨年の最優秀デザイン賞に家具量販店大手「イケア」と国連が協力して発案した組み立て式の難民支援用のシェルターを選んだと発表した。

ビーズリー・デザイン賞に輝いたのは「Better Shelter」と呼ばれる仮設住宅で、再生可能なプラスチック製で5人家族が収容出来る大きさを持つ。包装箱などに入れて運ばれる68個の部品から成り、最短4時間で組み立て可能としている。ソラーパネル利用の照明機能や充電装置も備えている。

生産は2015年から始まり、これまで計1万6000棟がイラク、ジブチ、ギリシャやニジェールに届けられた。民家、仮設病院や事務所などとして活用されている。

英キングストン大学の現代デザイン専攻の准教授はBetter Shelterについて、暴力あるいは災害で生じた特殊状況に向き合わざるを得ない中にある人々にシェルター施設を提供するというまさに現代を象徴する問題に取り組んだと評価。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]