バイデン氏、急襲でISIS指導者死亡と発表 民間人にも死者 シリア北部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作戦の進行を確認するバイデン米大統領やハリス副大統領、国家安全保障チームのメンバー/White House Photo

作戦の進行を確認するバイデン米大統領やハリス副大統領、国家安全保障チームのメンバー/White House Photo

ワシントン(CNN) バイデン米大統領は3日午前、シリア北西部で2日に実施した対テロ急襲作戦で過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」のアブイブラヒム・ハシミ・クライシ指導者が死亡したと発表した。

米軍がシリアで実施した急襲としては、ISISの最高指導者だったアブバクル・バグダディ容疑者を殺害した2019年の作戦以来の規模となった。

バイデン政権当局者によると、クライシ指導者は米軍が自宅に接近したところで自爆。この爆発により複数の民間人が犠牲になったが、犠牲者の人数についてはバイデン政権とシリアの民間防衛組織の間で食い違いがある。国防総省によると、米国側に死者は出なかった。

米特殊部隊による作戦後、現場に集まるシリアの人々/White House Photo
米特殊部隊による作戦後、現場に集まるシリアの人々/White House Photo

バイデン氏は3日午前、ホワイトハウスで記者会見を行い、「主要なテロ指導者を戦場から排除した」と説明。民間人の犠牲を最小限に抑えるために特殊部隊を活用したと明らかにした。

バイデン氏は「我が国の兵士の勇敢さにより、この恐ろしいテロ指導者はもう存在しなくなった」とも述べた。テロリストが子どもを含む家族で自身を囲んでいるとの情報を得たため、空爆よりも米国側のリスクが大きい特殊部隊による急襲を選んだという。

国防総省のカービー報道官は2日夜の声明で、作戦は中東の軍事作戦などを管轄する米中央軍が実施したと明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]