岸防衛相、越えてはならない一線引く 尖閣諸島巡る中国との争い

岸防衛相にCNNが単独インタビュー

東京(CNN) 日本は中国も領有権を主張する尖閣諸島で、越えてはならない一線を引きつつある。中国側の徐々に攻撃性を増す軍事姿勢を押しのけ、地域の2大大国の間で起きる可能性のある対決に備えを進めている。

岸信夫防衛相はCNNとの単独インタビューで、尖閣諸島(中国名・釣魚島)が日本の領土であることは議論の余地がなく、領土として防衛されると語った。日本は尖閣諸島への中国の脅威に船には船で対抗し、必要があればそれを超えた対応をしようとしている。

日本は自衛隊の増強を進めている。最新鋭のF35戦闘機を加え、同機を搭載可能な空母にする艦船の改修も行っている。さらに新たな駆逐艦や潜水艦、ミサイルも製造している。それでも中国の増大する軍事費と比べればはるかに防衛関係費は低い。

岸氏は東シナ海における尖閣諸島周辺での中国の行動に対して「海警船にはまずは海上保安庁が対処して、海警船の船舶よりも多い数でしっかりと尖閣諸島を守っていく姿を中国に見せていく」と述べ、「尖閣諸島の領有権についての国際問題は存在しない」とも強調した。

東京から1900キロ離れ、上海からはその3分の1の距離にあるこの無人島をめぐる緊張は何年も高い状態が続いている。領有権の主張は数百年前にさかのぼる。

2012年に尖閣諸島をめぐる緊張が激化したとき、中国では国家主義的な感情が爆発した。中国の数十の都市で市民が抗議し、日本の車や店舗、レストランが破壊され、北京の日本大使館にはがれきが投げつけられた。

政府レベルでは、中国は領有権の主張で岸氏と同様に、声高らかに言葉を発した。

中国外務省は昨年、「釣魚島とその周辺の島々は中国固有の領土であり、これらの水域で警備や法執行の活動を行うのは中国固有の権利である」と声明で述べた。

中国はこの主張を、実際に船を展開し、海警局の権限を拡大する新法を成立させることで裏打ちしている。

日本の当局によると、中国海警局の船が日本の領土から12カイリ以内の領海に侵入した回数は今年1月1日~8月末で88回。接続水域に入ったのは851回となる。

専門家は、中国の戦略は同国の係争地域やその周辺に部隊を置いて、中国の法と権利を行使することにあると指摘する。このような行為は中国の主張が正当なように見せることになる。

英キングス・カレッジ・ロンドンの戦争や戦略の専門家、アレッシオ・パタラノ教授は「沿岸国の権利を行使することは、実行を通じた主権を裏付ける重要なステップになる」と語る。

岸氏もこれに気づいている。

「我が国固有の領土に対する恒常的なチャレンジが行われている。このことが新しい既成事実化を作るような動きになっている」と岸氏は語る。

この「固有の」日本の領土は、日中関係の新たな火種へとさらに近づいている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]