欧州委員会次期委員長に独国防相、女性初

ドイツのフォンデルライエン国防相が欧州委員会の次期委員長に選出された/FREDERICK FLORIN/AFP/Getty Images

ドイツのフォンデルライエン国防相が欧州委員会の次期委員長に選出された/FREDERICK FLORIN/AFP/Getty Images

(CNN) 欧州連合(EU)の欧州議会が16日夕、フランスのストラスブールで開かれ、欧州委員会の次期委員長にドイツ国防相のウルズラ・フォンデアライエン氏(60)を選出した。女性が欧州委員長に就任するのは初めて。

投票は無記名で行われ、賛成は383票と、承認に必要とされる374票をわずか9票上回った。反対は327票、棄権は22票だった。この結果を受けてフォンデアライエン氏は、「団結した強い欧州」の実現を呼びかけた。

フォンデアライエン氏はドイツ国防相で7人の母。10月31日に退任するジャンクロード・ユンケル氏の後任として、11月1日に欧州委員長に就任する。ユンケル氏は2014年から委員長を務めてきた。

欧州委員会はEUの執行機関として、新法の提案やEUの予算管理、EU法の執行を担っている。

フォンデアライエン氏は同日、採決を前に行った議会演説で、欧州を世界初の「気候中立大陸」にするという目標を掲げ、2050年までにEUのカーボンニュートラル(二酸化炭素の排出量と吸収量の バランスが取れている状態)実現を目指す「グリーンディール」を提案した。

さらに両性の平等についても言及し、女性に対する暴力をEUの刑法で禁止することを提案すると表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]