中国と欧州を結ぶ全長2000キロの高速道路、ロシアがゴーサイン

中国と欧州を結ぶ全長2000キロの高速道路建設をロシアが承認/Planet Observer/Universal Images Group via Getty Images

中国と欧州を結ぶ全長2000キロの高速道路建設をロシアが承認/Planet Observer/Universal Images Group via Getty Images

(CNN) ロシアのメドベージェフ首相は、ロシアを通過して中国と欧州を結ぶ全長2000キロの高速道路建設計画を承認した。

ロシア国営RIAノーボスチ通信によると、隣国カザフスタンとの国境を通って西へと伸びる全長2000キロの高速道路を建設する計画。完成すれば、欧州と中国の間で物資を輸送する最短ルートになる。

メドベージェフ首相は同プロジェクトの第1段階を承認した。プロジェクトは国が支援して、民間投資家とのパートナーシップの一環として進められる。

プロジェクトの総工費は推定6000億ルーブル(約1兆円)。建設に必要な土地の80%以上は既に取得済みだとノーボスチ通信は伝えている。

道路が完成すれば、欧州からロシア西部や中央アジアへの陸路によるアクセスも改善される。

この地域ではほかにも、貿易インフラの整備を目指す多数のプロジェクトが進行中だ。

中国の習近平(シーチンピン)国家主席は2013年、港湾や道路、鉄道などのインフラを整備して中国とアジア、アフリカ、欧州を結ぶ「一帯一路」の構想を打ち出していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]