欧州各国、今週は熱波到来か フランスは最高40度の予想も

欧州各地が熱波に襲われるとの予報が出ている/Jack Taylor//Getty Images

欧州各地が熱波に襲われるとの予報が出ている/Jack Taylor//Getty Images

(CNN) 欧州が今週、健康に有害な影響を与える恐れがある熱波に襲われ、26、27両日には最高で38度の高温を観測する可能性が出て来た。気象情報企業「Accuweather」が23日までに報告した。

大西洋上にとどまっている暴風雨圏と欧州中部や東部に位置する高気圧の影響となっている。この高気圧などがアフリカ大陸からのかなりの熱風を引き寄せ、欧州内を北上させるとも予測した。

最初の熱波はスペインで観測される見通しで、その後、フランス、ドイツ、ベルギー、チェコ、スイスやイタリアに高温をもたらす。熱波は7月初めまで続くともみられる。

フランス気象局は熱波は23日から東部などで始まると警告。全土の大半で35〜40度の高温が予想されるとした。期間が短くてもこの時期における熱波の早めの到来やその激しさは異例とも分析した。

ドイツの気象観測当局はツイッター上で、同国への「極度」の熱波の襲来は24日になるだろうとし、26、27両日には最高潮に達するとも予測した。

欧州は昨年も熱波に襲われ、スペインやポルトガルでは複数の犠牲者が出て、ドイツやスウェーデンでは干害が起きた。欧州中期気象予報センターによると、昨年の8月は欧州で最も暑い同月ともなった。8月の熱波を気候変動と関連付ける指摘も出ていた。

米海洋大気局によると、世界的に見て昨年は2016年、15年と17年に次ぐ4番目に暑い年間となっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]