欧州全土で異常な猛暑に警戒呼びかけ、パリなど緊急対策

欧州全域の主要都市で、40度を超える猛暑を記録するとの予想が出ている/ALBERTO PIZZOLI/AFP/Getty Images

欧州全域の主要都市で、40度を超える猛暑を記録するとの予想が出ている/ALBERTO PIZZOLI/AFP/Getty Images

(CNN) 欧州全土で異常な熱波の到来が予想され、各国の気象当局が警戒を呼びかけている。パリなどの自治体は、冷房の効いた部屋を用意したりプールの営業時間を延長するなどの緊急対策を打ち出した。

気象当局は欧州各国の主要都市で40度を超す猛暑を予想、湿度が高くなって一層暑さが増す可能性もあるとした。

ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイスの気象当局は猛暑に対する警報を出し、日中の激しい運動を控えて十分な水分を取り、直射日光を避けることなどを呼びかけている。

気候変動の影響で熱波は頻度を増し、過酷化する傾向にある。フランス気象庁によれば、熱波に覆われる頻度は2050年までに2倍に増える見通し。

今回の猛暑でフランスの気温は、2003年に欧州を襲った記録的な猛暑を上回る可能性もある。2003年8月の猛暑では過去最高の44.1度を記録し、高齢者を中心に1万4000人以上が死亡した。

欧州北部などではエアコンのない場所も多く、猛暑が何日も続いたり、湿度が高く夜になっても気温が下がらなかったりすれば、死者が出る恐れもあると専門家は指摘する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]