イスラム女性ら「ブルキニ」姿でプール利用、禁止に抗議 仏

ムスリム女性が「ブルキニ」姿でプールに、仏南東部

(CNN) フランス国内の多くの市がイスラム教徒の女性向けの全身水着「ブルキニ」を禁止していることに抗議して、南東部グルノーブルの女性グループがブルキニを着てプールへ出掛ける抗議運動を展開している。

同市の女性市民団体に所属するイスラム教徒の女性7人が先月から運動を始めた。米国の公民権運動で採用された非暴力的な戦術、「市民的不服従」からヒントを得たという。

すでに先月1回と先週末にも1回、ブルキニを着て市内のプールを訪れた。同団体の責任者によると、今後も規則が改正されるまで、毎週日曜日に繰り返す構えだ。

これに対して中道右派・共和党の政治家がイスラム勢力の増長を懸念して市長の対応を問うなど、批判的な声も上がっている。

同責任者によると、先週末プールに居合わせた市民らはおおむね好意的な態度だったが、女性らが上がると警察車両が待ち受けていて罰金を言い渡された。フェイスブック上に差別的なコメントを書き込まれたり、メディアに顔を出したメンバー2人に脅迫状が送りつけられたりしたという。

フランスは伝統的に政教分離の考えが強く、2011年にイスラム教徒の女性が全身を覆い隠す「ブルカ」や目以外の顔を覆う「ニカブ」を公共の場で着用することが禁止された。さらに16年には南部ニースのテロ事件などを受けて、多くの市がブルキニを禁止した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]