スリランカの教会やホテルで爆発 138人死亡、560人負傷

現場周辺で警備にあたる治安要員/ISHARA S.  KODIKARA/AFP/AFP/Getty Images

現場周辺で警備にあたる治安要員/ISHARA S. KODIKARA/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) スリランカで21日、3カ所のホテルと3カ所の教会で爆発があり、少なくとも138人が死亡し、少なくとも560人が負傷した。コロンボ国立病院には260人が搬送された。バティカロアの教会で起きた爆発では300人が入院したという。

警察は市民に対して屋内にとどまるよう呼び掛けている。現場に居合わせた人々に対しては、現場や病院の外に集まらないよう求めている。

コロンボ大司教区の広報部門幹部は、爆発の起きたコロンボの聖セバスチャン教会からCNNの取材に答え、イースター(復活祭)のミサの最中に爆発が起きたと明らかにした。当日は特別な日だったため、1000人を超える人々が教会を訪れていたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]